クラウドを活用したメール配信システムの実現

少ない予算でメール配信システムを導入できる

クラウドを活用したメール配信システムは、少ない予算でメールマーケティングの効果を期待できるため、多種多様な業種の経営者にとって使い勝手が良いツールとして支持されています。特に、定額制で使い放題のシ…

もっと詳しく »

付随する機能が搭載されているかも大切な検討事項

メール配信システムを導入することで、自社が扱う商材を効率的に販促することが可能になります。アポ取りのように人手を必要とする販促手法とは違い、メール配信による販促の場合には、低コストで大量の発信を行…

もっと詳しく »

自社の業務に応じたカスタマイズが難しい

メール配信システムは、オンプレミス型とクラウド型に分類することができます。オンプレミス型とは、自分たちの企業で準備したサーバへソフトウェアをインストールして利用することです。プレミス(premis…

もっと詳しく »

利用者にあった情報を送信するメール配信

メール配信とは、配信先の利用者にあったタイミングに必要な情報を利用者にあわせてメールを送信するサービスです。

自社開発でのメール配信システムの導入

自社の業務に応じたカスタマイズが可能

自社でメール配信システムを購入するメリットは、複数存在します。最も大きいのはセキュリティ面で充実していることです。また、ネット回線に異常が発生したときに、メーラーにつなげなくなるトラブルを回避でき…

もっと詳しく »

社内システムとの連携が容易

大小問わず様々な規模の企業で、メール配信システムを導入しています。メール配信システムを導入することで、一斉配信や自動配信などが可能となります。配信時間を設定しておけば、自動的に不特定の相手にメール…

もっと詳しく »

導入に際して期間とコストが掛かる

IT分野に詳しい社員がいない場合は作業が難航することもある

自社開発でのメール配信システムを導入する場合には、IT分野に詳しい社員がいなければ作業が難航することもあるため十分に注意が必要です。特に、メール配信のために、大人数の顧客の個人情報を適切に管理したり、過去の購買状況を把握したりするには、システム構築の段階で高度なIT分野の専門スキルが要求される場面が少なくありません。また、専門スキルを持たない社員がクオリティが高いメール配信システムを完成させるには数か月以上の期間が掛かってしまうこともあります。そうした中、効率良く条件に合ったシステムを導入するうえで、IT業界で実績がある専門業者に外注を依頼したり、ライバル企業の対応例をチェックしたりすることが重要となります。

システム構築を担当するスタッフの教育コストにも気を付けよう

メール配信システムを自社開発する際には、システム構築を担当する社員の教育コストも考慮に入れて、なるべく出費が大きくならない方法を検討することが大切です。たとえば、システム開発に慣れていないスタッフに専門的な教育を受けさせるには、トータルで高額なコストが発生することもあるため、外注をする場合とどちらが費用対効果が高いか慎重に判断することが大事です。また、システム構築に携わる社員の作業状況を把握して、本来の業務に滞りがないように対策を立てることも必要です。その他、近い将来にメール配信システムの導入を検討するにあたって、早い段階からIT分野のスキルに長けた自社の社員をピックアップしておくのも良いでしょう。

© Copyright Cloud Systems. All Rights Reserved.