社内システムとの連携が容易

メール配信システムを導入しよう

大小問わず様々な規模の企業で、メール配信システムを導入しています。メール配信システムを導入することで、一斉配信や自動配信などが可能となります。配信時間を設定しておけば、自動的に不特定の相手にメールを送信してくれるので、わざわざコンピューターの前に張り付く必要がありません。そして送り先を設定しているメールリストの管理も、メール配信システムが自動で管理してくれます。新規ユーザーの登録や退会したユーザーの削除を自動的にやってくれるので、誤送信などのトラブルも防げるでしょう。ところでメール配信システムというと、クラウド型に代表されるように、業者が準備したインフラ環境を利用するイメージがあります。しかし、自社で独自のメール配信システムを構築することも可能です。

自社開発によるメール配信システムのメリット

メール配信システムを活用してメールマガジンなどを配信するサービスは、もはや当たり前のように行われています。メール配信システムを導入するにあたり、外部委託などの方法がありますが、自社開発したシステムを導入することも可能です。もし自社開発となると、メールサーバーを構築して、そこにメール配信システムをインストールします。そのため、自社開発では専門の知識と技術が必要なだけでなく、ライセンス料がかかるなど、それなりの初期費用が必要です。しかし、外部業者にデータ管理を任せないので、セキュリティーの強化が図れます。また、メール配信システムの利用目的によって柔軟にカスタマイズすることが可能でしょう。そして、社内で稼働している他のシステムとの連動について、開発時に容易に設定することができます。

© Copyright Cloud Systems. All Rights Reserved.